【格安SIM紹介】リペアSIMの料金、特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

格安SIM紹介

今回は格安SIM「リペアSIM」についてご紹介していきます。参入している格安SIM事業者のなかではそれほど認知されているほうではありませんが、どんなサービスの提供している事業者なのでしょうか?その特徴やメリット・デメリットなどを料金プランも合わせて確認していきたいと思います。

 

サービスの特徴、メリットデメリットは?

リペアSIM2011年に創業された会社「株式会社ギア」が運営するMVNO事業。そのサービスの特徴などについてご紹介していきます。

 

修理代行と修理代金のキャッシュバック制度

リペアSIMは、もともとiPhoneなどの端末修理事業や買取事業を行なっている会社です。そこから、MVNO事業にも参入するようになり、にわかにその人気が高まってきています。iPhone修理事業をこれまで行ってきたことを強みに、リペアSIMで契約したユーザーに対し、iPhone故障時の修理代金キャッシュバックなどの割引サービスを提供しているのがリペアSIMの大きな特長となっています。

 

ドコモ回線とソフトバンク回線に対応。

リペアSIMはドコモ回線とソフトバンク回線に対応しています。基本的にはドコモかソフトバンクで購入した端末であれば、SIMロック解除をしなくてもそのまま利用を継続することができます。ドコモ端末の人はドコモ回線。ソフトバンク端末の人はソフトバンク回線を契約すれば、端末を購入し直す必要性がなくなります。

念のため、自分の今のスマホがリペアSIMで使えるかは、公式サイトの動作確認済み端末の一覧から確認しておくのがよいでしょう。

動作確認済みの機種についてはこちら。

https://www.repair-sim.jp/device/

また、au回線は対応していません。auの端末を使用している人がリペアSIMに乗り換える際は、SIMロック解除をするか、SIMフリー端末を購入するか、ドコモ・ソフバンクのSIMロックがかかった中古端末などを別途用意する必要がありますので注意が必要です。

 

余ったデータ通信容量は翌月に繰越し可能

余ったデータ通信容量については、翌月末まで繰り越しが可能となっています。月によってネットの使用頻度が異なる人にとっては、あまり使わなくて余ってしまったデータ通信容量を無駄なく翌月に繰り越して利用することができるのでお得です。

ただし、翌々月には繰り越せない条件となっていますので、余ったデータ通信は翌月末には使い切ってしまったほうがよいでしょう。

 

オプションサービスでかけ放題プランを提供

音声通話が月額最低1,780円から利用できるリペアSIM。これらを含む音声通話SIMの月額利用料金には、かけ放題などのサービスはもともとついていません。安く利用できるのには余計なオプションを付けないという、削ぎ落としたプランにする必要があるからです。しかしながら、電話も頻繁に使う人にとっては3大キャリアにあったようなかけ放題プランが欲しいという希望もあります。リペアSIMではそんな人のために5分間かけ放題のサービスを月額850円で利用できる「プレフィックス通話」が用意されています。基本料金プランの月額に追加のオプションサービスとして利用することができます。

 

料金プランを一覧で確認!

 

【データ通信専用SIM

プラン

3GB

5GB

7GB

10GB

20GB

データ通信容量

3GB/

5GB/

7GB/

10GB/

20GB/

月額費用

900

1,580

1,980

2,480

3,980

チャージ1GB

1,000

1,000

1,000

1,000

1,000

 

【データ+音声通話SIM (SMS付き)】

プラン

3GB+音声通話

5GB+音声通話

7GB+音声通話

10GB+音声通話

20GB+音声通話

データ通信容量

3GB/

5GB/

7GB/

10GB/

20GB/

月額費用

1,780

2,180

2,780

3,480

4,980

チャージ1GB

1,000

1,000

1,000

1,000

1,000

オプション月額費用(Sプラン)

音声通話基本機能:0

音声通話5分かけ放題:850

割り込み通話:200

留守番電話:0

ナンバーブロック:100

留守番話プラス:300

転送電話:0

オプション月額費用(Dプラン)

音声通話基本機能:0

音声通話5分かけ放題:850

通話中着信機能(キャッチホン):200

留守番電話および不在案内機能:300

迷惑電話ストップサービス:0

転送電話:0

パケット繰り越し分の容量は、翌月末に無効となります。

別途、毎月ユニバーサルサービス料(月額:2/1回線)がかかります

サービス開始日は本サービスの契約成立後SIMカードの開通日です。サービス開始日の翌日より月額費用(日割計算)がかかります。

SMS(ショートメッセージサービス)利用時は、別途送信料がかかります。
Sプラン》送信料:国内宛3/回(67文字)、海外宛100円(非課税)/回(67文字) 受信料:無料
Dプラン》送信料:国内宛330/回(1670文字)、海外宛50500円(非課税)/回(1670文字) 受信料:無料

音声通話料金は、通話時間に応じて以下がかかります。また、音声通話を行った月の翌月以降にご請求させていただきます。

音声通話料海外宛

国内宛

標準通話をご利用の場合:20/30秒 ※デジタル通信の場合は36/30

「リペアSIMでんわ」をご利用の場合:10/30

その他の利用については利用規約に記載があります。

海外宛

利用規約に記載があります。

月額基本料、オプション月額費用およびユ二バーサルサービス料は、料金月単位で計算され、翌料金月の10日に課金します。

音声通話料(5分かけ放題プランの超過分含む)は料金月の翌々月の10日に課金します。

 

どれくらい安くなる?3大キャリアとの月額費用を比較!

3大キャリアとの月額料金を比較していきます。格安SIMとしてどのくらい安い料金であるか、こちらを参考にしてみてください。

 

リペアSIMの月額利用料金(税込)

音声通話対応SIM

Sプラン(ソフトバンクプラン)

GBプラン:2,180×=2,354

留守番電話月額料金=0

音声通話5分かけ放題:なしで計算

合計:2,354

 

ドコモの月額利用料金(税込)

シンプルプラン(スマホ):1,058円(音声通話の月額基本料金)

ベーシックパック(スマホ)5GB5400

インターネット接続サービス料:324

テザリングは標準で付属

合計:6,782/月(2年間の契約縛り)

 

auの月額利用料金(税込)

auピタットプランシンプル(3GB5GB使用の場合):5,378

かけ放題プラン「カケホ」は無しで計算

テザリングオプションは無しで計算

合計:5,378/

 

SoftBankの月額利用料金(税込)

通話プラン:1,200

ウェブ使用料:300

データ定額ミニモンスター:5,480円(2GB5GB使用した場合)

かけ放題プラン:なし

合計6,980×消費税=7,538/

上記のように同程度のサービスでプランを組んだ時のリペアSIMと3大キャリアとの比較を行いました。結果は2~3分の1くらいの料金に抑えることができますね。この料金だけで考えても、十分契約するメリットはあるでしょう。

 

通信速度に問題はない?回線の種類や対応周波数を確認

リペアSIMは格安SIM。3大キャリアとは違い、借り上げている通信網によっては満足いく通信速度がでず、ネット利用にストレスを感じてしまう人もなかにはいます。実際のところ満足のいく通信速度があるのか?圏外などのトラブルがないか?について確認していきましょう。

 

回線はドコモ回線とソフトバンク回線に対応

リペアSIMはドコモ回線とソフトバンク回線に対応しています。対応周波数帯もドコモ・ソフトバンクと同等となり、全国のエリアに対応します。これまでドコモ回線・ソフトバンク回線で問題なく利用できてきた人であればリペアSIMでも基本的には同じエリアで継続して利用できるということになります。

 

対応周波数(バンド)は?

注意点としては、auのスマホやをSIMロック解除してドコモ回線・ソフトバンク回線で利用する場合。端末によっては対応する周波数帯がドコモ・ソフトバンク回線の周波数帯との相性が悪いことがまれにあります。また全く別のところから中古で用意した端末などを使う際も、その端末の対応周波数帯がドコモ・ソフトバンクの周波数帯とマッチするか事前に機器の情報を確認しておくとよいでしょう。

 

周波数帯・対応バンドのキャリア別一覧

キャリア

docomo

au

SoftBank

LTE

2.1GHz/band 1

1.7GHz/band 3

1.5GHz/band 21

800MHz/band 19

700MHz/band 28

2.5GHz/band 41

2.1GHz/band 1

1.5GHz/band 11

800MHz/band 18

700MHz/band 28

2.5GHz/band 41

2.1GHz/band 1

1.7GHz/band 3

900MHz/band 8

3G

(W-CDMA/UMTS)

2.1GHz/band 1

1.7GHz/band 9

800MHz/band 6,19

(CDMA2000系)

2.1GHz

800MHz

(W-CDMA/UMTS)

2.1GHz/band 1

1.7GHz/band 3

1.5GHz/band 11

900MHz/band 8

参考サイト

http://geeknewsjp.com/frequency-band-docomo-au-softbank/#docomo

 

通信速度に問題はない?リペアSIMの通信速度の計測値を口コミから確認。

どんなに安くても、サービスの品質が悪いと結局は前の3大キャリアのほうがよかった・・・となってしまいます。格安サービスのリペアSIMでも重要なのはデータ通信がきちんとストレスなく快適に利用できるか?ということ。ここではリペアSIMの通信速度を実際に計測した数値を、いくつかの参考サイトから集めてみました。実際の通信の使用感について想像してみてください。

参考サイト1:「RepairSIM(リペアSIM)の通信速度は速い!?実際に計測して検証してみた」

https://smappy-if.com/articles/repair-sim/787

朝:10:00計測 下り速度:3.03Mbps 上り速度:1.89Mbps

昼:12:30計測 下り速度:2.30Mbps 上り速度:0.74Mbps

夜:17:00計測 下り速度:2.94Mbps 上り速度:0.61Mbps

 

契約前に知っておきたい注意点は?

続いて契約する前に知っておきたいリペアSIMの注意点についてまとめていきます。

 

今持っているスマホで利用できる?

前述した通り、ドコモ回線とソフトバンク回線に対応しているリペアSIM。これまであなたが使ってきたスマートフォンで継続してリペアSIMを契約した場合、SIMロック解除が必要なのか不要なのかについて確認していきます。

ドコモ端末でDプランを契約:SIMロック解除なしで利用可能。

ソフトバンク端末でSプランを契約:SIMロック解除なしで利用可能。

ドコモ端末でSプランを契約:SIMロック解除して利用可能。

ソフトバンク端末でDプランを契約:SIMロック解除して利用可能。

au端末でDプランを契約:SIMロック解除して利用可能。

au端末でSプランを契約:SIMロック解除して利用可能。

au端末は基本的にSIMロック解除したSIMフリーの状態でないと、リペアSIMでは使用できませんので注意が必要です。スマホの買い替えをせずに継続して使用していきたいという人はドコモ・ソフトバンクユーザーであれば簡単。auの人であればSIMロック解除が必要と覚えておきましょう。

 

テザリングはできる?

MVNO事業者ではテザリング機能が使えない事業者が以外と多く、契約してみて初めて気が付いてしまい、後悔してしまう場面も少なくありません。リペアSIMではテザリング機能は使えるのでしょうか?結果は以下の通りです。

Dプラン(ドコモ回線):テザリング機能利用できない可能性大。

Sプラン(ソフトバンク回線):テザリング機能利用できる。

 (2018425日より提供開始) 現在はiPhoneでの提供のみ。Androidは順次対応予定。

リペアSIMの公式サイトではSプラン(ソフトバンク回線)でのテザリング機能提供開始を始めたことが掲載されていました。ただ、Dプラン(ドコモ回線)については記載がありません。なのでDプランではテザリングが利用できない可能性が高いです。どうしても気になる人は一度カスタマーサポートに問い合わせてみることをお勧めします。

また、SプランでもAndroid端末で使用できるかについてもまだ詳細は掲載されていませんので、一度問い合わせてみたほうがよいでしょう。

 

2年縛りはある?解約手数料を確認

3大キャリアには必ずつきまとう2年縛り。最近では端末購入のサポート契約として48ヶ月間という長期契約を結ぶものもあります。リペアSIMではそうした契約の縛りはあるのでしょうか?

リペアSIMでは2年縛りではありませんが、最低利用期間が存在します。期間は12ヶ月。サービス契約日から12ヶ月経った月の月末までです。その間に解約・MNP乗り換えをすると契約解除料金として9,500円が別途発生する仕組みとなっています。

 

その他手数料はかかる?

上記解約金を含む、その他の事務手数料などの情報はこちらになります。他の事業者と概ね同じで、MNP転入・転出にともなう事務手数料が発生します。

MNP転出手数料

3,000

最低利用期間内解約金(音声プランのみ)※

9,500

SIMカード再発行手数料

3,000/

SIMカード損害金

3,000/

SIMカード有償交換手数料

3,000/

サービス開始日から起算し、12か月後の月の末まで(末日を含みます)に解約またはMNP転出をした場合にかかります。
12
か月後の月の末日以降の解約またはMNP転出ではかかりません。

 

実店舗はある?契約後のサポート体制を確認しておこう!

格安SIMでは3大キャリアと違って実店舗の数が少なかったりとサポート体制が未成熟な事業者が多いですが、リペアSIMについてはどうでしょうか。

実店舗ですが、iPhone修理の専門店「あいさぽ」にて契約するこができます。公式サイトでは22店舗ほどしかありませんでしたので、基本は公式サイトからの申し込みが主な手段になるでしょう。

電話では以下の番号から月~土のみ受付しています。

 

【リペアSIM問い合わせ窓口】

03-5315-4120

受付時間 10:00 – 19:00【月~土(祝日除く)】

 

チャットサービスも公式サイトにて受け付けております。筆者も一度チャットでの問い合わせを試してみましたが、混雑しているのか30分ほど待っても一向に回答がきませんでした。平日に電話で問い合わせるのが最もつながりやすそうです。

 

現在お得なキャンペーンを実施中

201841日~2018930日まで、新規契約で最初の3ヶ月間の割引キャンペーンが行われています。

音声通話対応SIMの最低月額1,780円プランを契約した場合、3ヶ月間は980円で利用できるというものです。

キャンペーンはすでに終了してしまいましたが、競争が激化してきている格安SIM事業ではお客さんの取り合いの様相を呈してきましたので、今後もこうしたキャンペーン情報が更新された場合は記事を更新していく予定ですのでお見逃しなく。

 

リペアSIMのまとめ

いかがでしたでしょうか?「スマモバ」は格安SIMのなかではあまり認知されていないかもしれませんが、料金プランを始め、サービスの特徴をご紹介しました。あなたにとって格安SIMの乗り換え候補になるか、こちらのページを参考に検討してみていただければと思います。