【格安SIM紹介】mineo(マイネオ)の料金プランやメリット・デメリットを徹底検証!

格安SIM紹介

圧倒的な安さで勝負する格安SIM会社「mineo」。安いだけではないサービスの特徴や契約の注意点などを踏まえてた情報を紹介していきます。あなたにとって最適な格安SIM会社となるでしょうか?

料金プランを一覧で確認!

mineoの料金プランは通信網の回線ごとに決められており、auプラン、ドコモプラン、ソフトバンクプランでそれぞれ若干、金額に違いがあります。以下の通りに一覧でまとめましたのでご覧ください。

auプラン(Aプラン)

基本データ容量

シングルタイプ(データ通信専用SIM

デュアルタイプ(音声通話SIM

500MB

700

1,310

3GB

900

1,510

6GB

1,580

2,190

10GB

2,520

3,130

20GB

3,980

4,590

30GB

5,900

6,510

ドコモプラン(Dプラン)

基本データ容量

シングルタイプ(データ通信専用SIM

デュアルタイプ(音声通話SIM

500MB

700

1,400

3GB

900

1,600

6GB

1,580

2,280

10GB

2,520

3,220

20GB

3,980

4,680

30GB

5,900

6,600

ソフトバンクプラン(Sプラン)

基本データ容量

シングルタイプ(データ通信専用SIM

デュアルタイプ(音声通話SIM

500MB

790

1,750

3GB

990

1,950

6GB

1,670

2,630

10GB

2,610

3,570

20GB

4,070

5,030

30GB

5,990

6,950

一番安いのauプラン(Aプラン)を軸にドコモプランでは音声通話SIMが各90円ずつ高い価格で、ソフトバンクプランではデータ通信が90円ずつ高く、音声通話SIMでは440円ずつ高い価格になっています。

多少の料金の違いはあるものの、3大キャリア全ての通信網を利用可能なので、今のキャリアの通信網を引き続き利用できるという安心感があります。安さを求めるなら迷わずauプラン、今のキャリアの回線を継続して使用するというのも悪くはないでしょう。

サービスの特徴、メリット・デメリットについて

mineo(マイネオ)のサービスの特徴についてご紹介していきます。他とは違うサービスなどについて把握し、格安スマホの乗り換え候補になるか、吟味してみてください。

最大のポイントは3大キャリア全ての回線に対応していること

mineo最大のメリットは、3大キャリア全ての通信網をカバーしているということ。今使っているスマホで圏外などのトラブルなく安定した利用ができているのであれば、mineoに乗り換えたとしても同じ通信網を継続して利用することが可能になります。

回線が同じものが利用できることは、さらにメリットがあります。それは今使っている端末のSIMロック解除が不要で利用できるということです。ソフトバンクで購入した、SIMロックが掛かった端末。例えばこの端末をドコモ回線でのみ提供しているOCNモバイルで利用するとなった場合、必ずSIMロック解除をしないとソフトバンクで購入した端末は利用できないのです。

ですが、mineoでは3大キャリア全ての通信網が取り揃えられることになった為(2018年9月4日よりソフトバンク回線が開通)、ソフトバンクで使用していたスマホでも利用することが可能になるのです。iPhone5sなど、SIMロック解除に対応していない端末を使用していたとしても、SIMロックがかかった状態で利用できるようになるのです。

最近のスマホは数万円としますので、決して安い買い物ではありません。今使用しているスマホがまだまだ使えるのであれば、継続して利用していきたいと考えるのは当然のこと。その願望を間違いなく叶えてくれるのがmineoのサービスの最大の魅力なのです。

公式サイトはこちらから↓↓↓

通信速度に問題はない?回線の種類や対応周波数を口コミから検証!

格安SIMで一番の心配事は「ちゃんと通信できるの?」という問題。安さを売りにしていても、圏外になってしまうようなケータイは誰も使いたくありません。mineoでは通信速度や回線のエリアについて問題はないか、確認していきます。

回線は3大キャリアすべてに対応!

料金プランには違いがあるため、もっとも安いもので選ぶならauプラン、今のキャリアを継続して使いたいのであればauプラン、ドコモプラン、ソフトバンクプランの3つから選べば問題ありません。

対応周波数(バンド)は?

3大キャリアに対応していることが何よりのメリットであるmineo。対応する周波数は契約する回線(auプラン、ドコモプラン、ソフトバンクプラン)に応じた周波数になります。

あとは、利用するスマホ端末の対応周波数が回線の周波数と合致すれば問題ありません。

ドコモで購入し使用していたスマホをmineoのドコモプランで契約すれば、基本的にドコモ時代と同じ通信環境となりますので、これまで使えていた場所で圏外になってしまった!などのトラブルの心配はないでしょう。

これが、auやソフトバンクで購入したスマホを、SIMロック解除してドコモ回線で使用するといった時は、場合によって周波数帯域の相性によってうまく通信ができないエリアが発生する可能性が若干でてきます。

とはいえ、ここ近年のiPhoneやAndroidスマホで日本での利用のために販売された端末であれば、そこまで気にする程度ではありません。

心配な方は、自身の利用する端末の取り扱い説明書や公式サイトから、対応周波数帯(バンド)と、契約する回線との比較をしてみるとよいでしょう?

契約前に知っておきたい注意点は?

mineo(マイネオ)が気に入ったので早速契約を・・・と、その前に一旦立ち止まりましょう。そのほか、契約前に知っておいた方がよい注意点についてまとめました。契約後に後悔しないようにこちらを確認したうえで決めていきましょう。

2年縛りはないが、12ヶ月未満のMNP転出手数料が高いので注意!

3大キャリアに代表される、2年間の最低利用期間。mineoには2年間の最低利用期間の設定はありません。ですがその代わり、利用開始月の翌月から12ヶ月以内にMNPによる転出をおこなった場合、12,420円(税込)の転出手数料が発生するという条件になっています(12ヶ月以降は税込2,160円)。実質、利用開始翌月からの1年間縛りといった形態です。

もちろん、継続して使用する分には問題はなく、12ヶ月経過した後は、いつMNPで他社に乗り換えたとしても通常のMNP転出手数料2,160円(税込)のみが発生するだけですので、3大キャリアよりは縛りは緩いので安心ですね。

その他、解約に伴う費用はある?

前述したMNP転出手数料以外は基本的に縛りはないことは確認いただけたと思います。あとは、端末を同時にmineoで割賦購入した場合は当然ながら、途中解約した時に残額の支払いは発生しますので注意しましょう。

端末代金を月々の基本料金に上乗せして支払いしていく場合、割賦契約は必ず24回払いとなります。12ヶ月間使用したので他社にMNPで乗り換えようと思ったとしても、端末を割賦契約で購入した場合は、支払いの残債を支払う必要がありますので、そこだけは注意しておきましょう。端末を割賦で同時に契約した場合は、大人しく2年間mineoで利用しておいたほうが無難だと言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?圧倒的な安さで勝負するmineoのサービスの特徴や契約の注意点などを踏まえ、あなたにとって最適な格安SIM会社となるか?ぜひこちらの記事を参考し、判断していただけると幸いです。

公式サイトはこちらからどうぞ↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました