【格安SIM紹介】LINEモバイルの料金プランやメリット・デメリットに迫る!

格安SIM紹介

今回はおススメ格安SIM紹介と題して、LINEモバイルについてご紹介していきます。

月額500円からの格安な料金プラン

音声通話なしのデータSIMであれば、月額基本料500円から利用できるという破格の価格設定は、大きなメリットの一つです。

3大キャリア(docomo、au、SoftBank)ではこれの10倍の5,000円は最低でも月額料金が掛かってしまうのがこれまでの常識でした。それを大きく超える圧倒的な安さを体験できるのがLINEモバイルの優れたメリットと言えるでしょう。

注意点としては、月額500円というのはあくまでデータSIMでの契約で、通常の音声通話はできません。通話もLINE電話などのサービスでしか使わないという方にはおススメですが、家族やご高齢の方でLINEは使いませんという人、お店などの一般の電話機に電話をかける機会が多い人にはあまりおススメできません。自身の使い道をハッキリさせた上で決めるのがよいでしょう。(※ただし、LINE OutなどのIP電話サービスを利用すればLINEを使っていない相手、ガラケーや一般電話が相手でも通話することは可能。)

料金プラン表はこちら

【データ専用SIM】

データ専用SIM 月額料金 データ通信量
LINEフリープラン 500円 1GB
コミュニケーションフリープラン(SMS付き) 1,110円 3GB
  1,640円 5GB
  2,300円 7GB
  2,640円 10GB
MUSIC+プラン(SMS付き) 1,810円 3GB
  2,140円 5GB
  2,700円 7GB
  2,940円 10GB

 

【音声通話対応SIM】

音声通話SIM 月額料金 データ通信量
LINEフリープラン 1,200円 1GB
コミュニケーションフリープラン(SMS付き) 1,690円 3GB
  2,220円 5GB
  2,880円 7GB
  3,220円 10GB
MUSIC+プラン 2,390円 3GB
  2,720円 5GB
  3280円 7GB
  3,520円 10GB

 

SNS使用のデータ通信がタダ(サービス×カウントフリー)

対象となるSNSで、モバイルデータ通信量が加算されず、使い放題になるというサービス。これは他の格安SIMではほとんどやっていないLINEモバイルだけの魅力のひとつです。対象のSNSはLINE、Twitter、Facebook、Instagramの4種類。10~20代の若い世代はもちろん、Facebookを利用することが多い30~50代の世代にもこのサービスは非常に有難いサ

ービスですね。少ないデータ通信量の契約でも、SNSの利用は通信量を気にせず使いたい放題となるのはすごいです。

※2018年7月から始まっているソフトバンク回線では、カウントフリーのサービスは2018年秋からの提供開始となっているので注意が必要です。

LINEの公式サイトはこちらからどうぞ↓↓

LINEモバイル

LINEの年齢認証・ID検索に対応

MVNOでは利用できない場合があったLINEの年齢認証とID検索機能が利用できるのが魅力。3大キャリア(docomo、au、SoftBank)では当たり前の機能だったので、気づかない方も多いのですが、格安SIMではこれらLINEの機能が使えない場合が多いんです。友達をIDで簡単に検索・追加ができるようになる年齢認証機能に対応しているLINEモバイルは、LINEを頻繁に使いこなす方にとっては格安SIMを選ぶうえでとても重要なポイントです。

 

ドコモ回線とソフトバンク回線が選べる

最近では3大キャリア(docomo、au、SoftBank)の対応するエリアもだいぶ広くなりましたが、地方や山間部の一部地域では圏外になってしまうことがあります。これまでdocomo回線のみでの提供だったLINEモバイルでは、2018年7月よりソフトバンク回線での提供もスタート。ユーザーにとってはさらに選択肢の幅が広がったことになります。

 

ドコモ回線とソフトバンク回線が選べるメリットは?

自分が今いる地域だとドコモ回線がよいかソフトバンク回線がよいか・・・?こういった問題は事前に公式サイトから調べておくことがおすすめ。契約後に使用してみたら圏外ばかりで使い物にならなかった・・・。といったトラブルも回避できるようになります。

その他にも、ソフトバンク回線が使えるメリットがあります。それはSIMロック解除していない端末で使用できる幅が広がるということ。

SIMフリー端末ではどの格安SIMでも利用できることは当然ですが、なかにはSIMロック解除に対応していない端末を利用している方もまだまだ多くいます。iPhoneで言えば、iPhone5sやiPhone6の場合、SIMロック解除に対応していないので、ドコモで購入していたiPhoneであれば、大元のドコモ、もしくはドコモ回線を提供している格安SIMでないと利用できないという制約があります。

今回、ソフトバンク回線にも対応するようになったLINEモバイルでは、ソフトバンクで購入されたSIMロックがかかった機種でも基本、利用できるということになります。端末はまだまだ使えるので、iPhone6を使いたいけど、月額料金をもっと安く済ませるように乗り換えたいという希望を持ったユーザーには選択肢が広がるようになったと言えるでしょう。

 

オプションサービスも充実

音声通話については、通常20円/30秒かかるところを、専用アプリ「いつでも電話」を使用することで、半額の10円/30秒で利用することが可能です。短い時間の電話を多用する人の場合は、オプションで10分までならかけ放題のプラン(月額880円)を付けることも可能になっています。

端末の故障に対する補償プランもあります。「端末保証」では、LINEモバイルで購入した端末に対し、月額450円で2回まで端末交換もしくは修理の対応を5,000~8,000円でしてくれます。それに加え月額500円で「持込端末保証」というサービスも行なっており、保証上限50,000円までなら、4,000~8,000円で本体交換もしくは修理対応をサポートしてくれます。

格安SIMで使用するうえでも、これらのオプションサービスを受けることができるところはかなり魅力的ですね。ただ、これらのオプションをすべて取り付けると、格安になった感触は半減しそうではありますが、、、。

 

注意点~12ヶ月間の縛りあり

音声通話SIMを契約した場合、9,800円の解除手数料が発生する場合があります。条件は、契約月の翌月から12ヶ月未満での解約・もしくはMNP乗り換えをした場合です。

つまり9月1日から契約して利用を開始した場合は、翌月10月から12ヶ月間までは、解約手数料が発生するということですね(データ専用SIMを契約の場合は発生しないようです)。

docomoなどの3大キャリアでは24ヶ月後の2ヶ月以内にMNPで乗り換えないと契約が自動更新になり、再度解除手数料が発生してしまう場合がありますが、LINEモバイルでは12ヶ月以降はいつ解約しても解除手数料は発生しないようです。3大キャリアよりは良心的ですが、一応把握しておいたほうがよいでしょう。

 

月額300円~という驚異的な格安キャンペーンを実施中

期間延長となったLINEのモバイルのキャンペーン。新規の契約時に半年間月額300円から利用できるという驚異的な安さのキャンペーンを実施中です。通常音声通話・データSIMを契約すると月額最低でも1,200円掛かりますが、そこを300円まで割引くという大盤振る舞い。かなりお得感のあるキャンペーンですので、興味のある方はぜひ一度チェックしてみてください。

以上が、LINEモバイルの特徴、メリットや注意点になります。ご自身の使用用途に合わせてぜひ検討してみてください。

LINEの公式サイトはこちらからどうぞ↓↓

LINEモバイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました