LINEモバイル6ヶ月間使用しての感想と口コミの評判を比較してみたら・・・

格安SIM紹介

今回はLINEモバイルを、6ヶ月間利用しての感想と、ネットでの評価を比較していきます。最終的に、LINEモバイルが向いてる人向いてない人をご紹介して、今後格安SIMへの乗り換えを検討する人のお役に立てれば幸いです。それでは早速みていきましょう!

通信速度についてネットでの評価と実際に使用した感想

まずは皆さん気になるであろう、ネットの通信速度について、ネットの評価と実際に6ヶ月間使用しての感想とを比較していきます。

評判では決して高くはない

格安SIM全体で言えることですが、ネット回線の速度については、評価は決して高いわけではないようです。TwitterでLINEモバイルのキーワード検索をすると真っ先に出てくるのが「遅い」というワードです(笑)実際に口コミを調べてみるとあまりいい噂は聞きません。

口コミの状況をまとめるとやはり、朝の通勤ラッシュ時間、昼のランチタイム、夕方から夜の帰宅ラッシュなどの時間帯で通信速度が遅くなっているようです。たしかに使いたい時間帯で回線速度が遅いのは辛いですよね。

実際に使ってみてさほどストレスは感じない。

SNS上ではこのような感想がでています。では、実際に筆者が半年間LINEモバイルを使用した感想をお話していきます。感想はズバリ、100%大満足とはいきませんが、目立った問題もなく利用できており、「概ね満足」しています。

SNSでの周りの評価でもあったように、12~13時や、18~19時などの、通信回線が混雑する時間帯では、快適な通信速度にならず、YouTube動画再生がうまくいかない時はあります。ただ、そんな時間帯でも1Mbps以上の速度は出てくれているので、動画再生も画質を気にしなければ十分再生し続けることは可能です。

また筆者の場合、こういった混雑する時間は電車移動していたり、仕事をしている事が多いので、ケータイを触る機会がそれほどない時間帯です。そのため、別のにやる事がある為、通信速度が遅い時間帯にケータイで動画が見れないといった事で、大きなストレスになることはありません。

動画再生が満足にできなくても、ネットサーフィンなど、テキストベースのサイトなら問題なく閲覧できますので、動画やゲーム以外にやる事を見つければさほど苦にはならないと筆者は感じています。

LINEモバイル

補足→ワイモバイルのポケットWi-Fiよりは速かった。

筆者はLINEモバイルでiPhoneを契約しているのと同時に、ワイモバイルのポケットWi-Fiも契約しています。それぞれ別の格安SIM事業者で、それぞれをスピードテストアプリで何度か実効速度を測定しています。結果は意外にもLINEモバイルの方が通信速度が上回る結果になる事が多かったです。

電話回線の繋がりについて実際に使用してみた感想

続いて電話回線について実際に6ヶ月間使用してみたレビューをしていきます。通話回線についてはネットの通信速度とは違い、基本的にキャリアの通信網の品質をそのまま利用できるので、口コミなどを調べましたが、特に電話が繋がらなくなったなどの評判は聞きませんでした。

東京・地方でも電話については問題なし!

通話の電波については、問題なく利用できます。大手キャリアと変わらない通話品質で、電波の入らないところがあるなどの不便さも感じません。住まいは東京都ですが、地方に帰省した時も全く不便さを感じる事はありませんでした。

ちなみに、ドコモ回線とソフトバンク回線が選べるLINEモバイル。筆者はドコモ回線を使用しています。今は3大キャリア全て、通信網は全国に広がっていますので問題ありませんが、老舗であるドコモ回線は安定して良い感覚があります。

通話料金が高くならないよう注意!

格安SIMの一番のデメリットは通話料金にかけ放題プランがないこと。最初の10分だけ無料といったものがあるものの、国内通話は全て無料というプランはLINEモバイルにはありません。

筆者もそれを覚悟した上でLINEモバイルと契約しました。実際に使用していると、案外電話をする場面は多くあります。気がつくとLINEモバイルの基本料金より高くなる事も起こってきますので、注意が必要です。

通話料金を抑える方法は?

通話料金をなるべく抑えたい場合はどんな対処方法があるでしょうか?筆者が実際にやっている方法から以下の3点をピックアップしてみました。

■通話料金が30秒10円になる専用アプリ「いつでも電話」を使用して電話を掛ける。

■友だちや家族など、LINEを交換していて仲の良い相手には、なるべくLINE電話で通話する。

■相手がかけ放題プランに加入している大手キャリアだと分かってるなら、あらかじめ了解を得て、相手から電話を掛けてもらうようお願いする。

上記3点を意識する事で、通話料金はかなり削減できます。セコいと言われれば否定できないかもしれません(笑)が、このよう工夫する事で格安SIMはしっかり安く利用する事ができます。

まとめ

今回は、LINEモバイルを6ヶ月間実際に利用してみてのレビューを、ネットでの口コミと比較しながらご紹介していきました。最後に、これから格安SIMへの乗り換えでLINEモバイルを検討している方は、以下のLINEモバイルに向いている人、向いていない人を参考に、検討してみてください。

こんな人には向いている

■本を読んだり、スマホで動画やゲームをする以外にも時間を潰せる人

■電話はさほどしないLINEを交換している友達など、LINE電話で事足りる人

こんな人には向かない

■ずっと高品質でスマホで動画やゲームをやり続けたい!ヘビーユーザーには向かないかも

■音声通話を使用する頻度が高い人、LINE電話ではない、一般電話や携帯電話番号への発信通話が多い人

圧倒的な価格の安さを考えれば十分!

何よりも格安SIMの醍醐味はその料金の安さ。大手キャリアでこれまで10000円にも及ぶ月額料金を支払っていた頃と比べれば、その安さだけで乗り換える価値はあります。なかでもLINEモバイルは破格のキャンペーンを提供したりしていて、勢いのある格安SIM事業者。筆者も6ヶ月間の割引キャンペーンの恩恵を受けていて、先月の料金は500円でおつりが来るほどでした(笑)

通信速度については賛否ありますが、筆者はさほど不便さを感じませんし、通話料金については、少し注意をしてお金がかからないとように工夫すれば何ら問題ありません。通信速度はそこそこで料金は破格値。総合すると筆者はLINEモバイルに乗り換えて大正解だと感じています。

LINEモバイルの公式サイトはこちらから↓↓

LINEモバイル
タイトルとURLをコピーしました