【料金比較シリーズ】LINEモバイルと3大キャリアの料金総額を比べてみた

格安SIM Q&A

圧倒的な安さと、カウントフリーなどの面白いサービスを展開する格安SIMLINEモバイル。三大キャリアを利用している人はLINEモバイルへの乗り換えも検討している人が多いのではないでしょうか?

今回は、LINEモバイルと三大キャリアであるdocomoauSoftBank各社の利用料金の総額を割り出し、比較していきます。料金の安さで評価の高いLINEモバイルと三大キャリアが、どれくらい料金の差が出るのか、こちらの記事を参考にして頂けると幸いです。

MNPでの乗り換えから契約満了までの料金総額はどのくらい?

早速、各社の料金を割り出していきます。契約プランや購入する端末とのセットなどの条件をある程度同じになるような、契約で計算してみました。

【算出条件】

    • 三大キャリアからのMNPで乗り換えた新規契約を想定
    • 2年契約を満了まで利用したした際の合計
    • 初回契約の際の事務手数料や、元のキャリアの解約事務手数料なども含めた総額を算出
  • 端末もセットで購入する場合としない場合で合計額を算出

LINEモバイルの2年間契約の料金総額

まずはLINEモバイルの利用料金について、総額を算出していきます。SIM契約のみの場合、端末購入をセットで契約する場合、2パターンで割り出しました。

SIM契約のみ 2年間

契約形態

他社からの乗り換え(MNP

契約

音声通話対応SIM

料金プラン

コミュニケーションフリープラン

2,220/

10分電話かけ放題

880/

月額料金合計

74,400

SIMカード発行手数料

400

初回登録事務手数料

3,000

24ヶ月合計

77,800

税込合計

84,024

SIM+端末セット 2年間(iPhoneSE 32GB)

契約形態

他社からの乗り換え(MNP

契約

音声通話対応SIM

料金プラン

コミュニケーションフリープラン

2,220/

10分電話かけ放題

880/

月額料金合計

74,400

SIMカード発行手数料

400

初回登録事務手数料

3,000

24ヶ月合計

77,800

税込合計

84,024

iPhoneSE 32GB

一括払い(税込)

33,264

端末代金含めた総額(税込)

117,288

端末のみ最新機種iPhoneXs にした場合

機種

支払い

金額

iPhoneXs 64GB

一括払い

税込121,824

LINEモバイル 5GB 24ヶ月合計総額

税込84,024

iPhoneXsLINEモバイル契約の総額

税込205,848

iPhoneXsLINEモバイルでの販売はないため、AppleStoreでの購入金額を記載しています。

iPhoneXsの代金の支払いは一括のみ掲載しています。

キャンペーンによる割引適用は加味していません。純粋な基本料金とオプションの組み合わせでの料金となります。

利用後、さらに他社へMNPで乗り換える場合は、MNP転出手数料3,000円が別途発生します。

LINEモバイル

ドコモの2年間契約の料金総額

続いて、ドコモの利用料金の総額を算出していきます。端末をセットで購入する場合とSIM単体での契約の場合に分けてそれぞれ表にして計算しました。大手キャリアとLINEモバイルとの料金の差をしっかりと見比べてみてください。

ドコモへMNP転入で2年契約(端末購入なし)(税込)

契約形態

機種変更なし

基本プラン

カケホーダイライトプラン

1,836/

パケットパック

ベーシックパック(5GB

5,400/

インターネット接続サービス

SPモード契約)

324/

合計

7,560/

24ヶ月合計

181,440

ドコモへMNP転入で2年契約(端末購入セット)(税込)

契約形態

他社から乗り換え(MNP

機種代金支払い方法

分割払い(24回)

機種

iPhoneXs64GB

5,373/

基本プラン

カケホーダイライトプラン

1,836/

パケットパック

ベーシックパック(5GB

5,400/

インターネット接続サービス

SPモード契約)

324/

月々サポート(24回)

-2,457円/月

合計

10,476円/月

24ヶ月合計

251,424

docomo withdポイント進呈、ドコモ光などのオプションでの割引きは、適用条件などが特殊なため今回は利用しない場合の料金シミュレーションとしています。

auの2年間契約の料金総額

auでは、ここ最近から4年間での縛り契約をメインとして売り込んできています。2年ごとに端末を下取りに出すことで、機種代金の負担を軽くしようとする狙いのプラン。今回はなるべく各社とのプランの条件を合わせるようにしたかったので、4年契約プランではなく2年契約プランでの計算を行っています。

auへMNP転入で2年契約(端末購入なし)

契約形態

他社からの乗り換え(MNP

料金プラン

auピタットプラン(税込)

(スーパーカケホ)3GB5GB

6,998/

LTE NET

(インターネット接続サービス)

300/

割引

スマホ応援割(1年間)

-1,080円/月(税込)

(1年間のみ適用)

料金プラン月額合計

6,218/月(1年目)

7,298/2年目)

月額料金+端末代金の合計

74,616/月(1年目)

87,576/月(2年目)

24ヶ月の料金総額

162,192

他社からのMNP乗り換えでも、スマホ応援割は適用となります。

auへMNP転入で2年契約(端末購入セット)

契約形態

他社からの乗り換え(MNP

機種代金(iPhoneXs 64GB)

24回払い

5,360/月(税込)

料金プラン

auピタットプラン(税込)

(スーパーカケホ)3GB5GB

6,998/

LTE NET

(インターネット接続サービス)

300/

割引

スマホ応援割(1年間)

-1,080円/月(税込)

(1年間のみ適用)

料金プラン月額合計

6,218/

月額料金+端末代金の合計

11,578/月(1年目)

12,658/月(2年目)

24ヶ月の料金総額

290,832

やはり4年間の使用を前提としてプランにしたほうが、端末代金も半分で済むなどのメリットがあります。2年契約ではauの料金形態だと、他のキャリアと比べて割高になってしまいます。長期的にauで使っていきたいという方にとってはお得な料金の仕組みになっていると言えます。

ソフトバンクの2年間契約の料金総額

続いて、SoftBank2年使用した際の料金について計算していきます。auと同様、SoftBankでも4年間での縛り契約で2年ごとに下取りに出すことで端末代金の負担を軽減させるプランがメインになりつつあります。ですが、今夏は2年間での条件になるべく合わせるため、2年縛りでの契約のプランに絞って計算を行いました。

ソフトバンクへMNP転入で2年契約(端末購入なし)

契約形態

他社からの乗り換え(MNP

金額

通話プラン

準定額 15分までかけ放題

1,836/月(税抜)

データプラン

ウルトラギガモンスター

(データ定額 50GB)

6,458/月~

割引

1年おトク割

-1,080円/月

(1年間のみ適用)

ウェブ使用料

(インターネット接続サービス)

324/

月額料金の合計

7,538/月(1年目)

8,618/月(2年目)

料金プラン料金総額

24ヶ月分)

90,456円(12ヶ月)

103,416円(24ヶ月)

193,872円(満24ヶ月合計)

ソフトバンクへMNP転入で2年契約(端末購入セット)

契約形態

他社からの乗り換え(MNP

金額

機種代金(iPhoneXs 64GB)

24回払い

5,700/月(税込)

端末代金支払い合計136,800円

通話プラン

準定額 15分までかけ放題

1,836/月(税込)

データプラン

ウルトラギガモンスター

6,458/月(税込)

割引

1年おトク割

-1,080円/月

(1年間のみ適用)

ウェブ使用料

(インターネット接続サービス)

324/

月額料金の合計

13,238/月(1年目)

14,318/月(2年目)

料金プラン+端末代金総額

24ヶ月分)

158,856円(1年目)

171,816円(2年目)

330,672円(24ヶ月合計)

おうち割光セット、ガラケスマホ割などの条件によって適用が左右される割引プランは含めておりません。

2GB以上データ通信を使用するプランの場合、ウルトラギガモンスターの料金プランのほうが安くなるため、データ定額50GBのプランにて計算しています。

最大10万円お得に!LINEと3大キャリアとの料金総額比較のまとめ

今回の料金の総額の比較について、ざっくり以下のようにまとめました。

LINEモバイルと大手キャリア24ヶ月間での料金総額の比較】

通信会社

SIM契約のみで24ヶ月

SIM契約+端末iPhoneXs購入で24ヶ月

iPhoneXs 64GB 代金

LINEモバイル

84,024

205,848

121,824

(AppleStore)

docomo

181,440

251,424

128,952

au

162,192

290,832

128,640

SoftBank

193,872

330,672

136,800

SIM契約のみの比較をすると、LINEモバイルとSoftBankで最大109,848円の金額差があります。2年間で10万円ですので、かなりお得になりますね。最新のiPhone1台買えてしまうほどです。

さまざま計算を行ってきましたが、こちらの価格表で簡単に通信キャリア各社を比較できます。それぞれのキャリアで、料金プランや対象となる割引などの種類に違いがあるため、全てが同じ条件とはなりませんが、あらかじめご理解ください。

特徴としては、端末もセットで購入するといった場合、LINEモバイルと3大キャリア各社で料金の安さの差は小さくなっていることです。SIM単体で契約する場合は、格安SIMの料金の安さの恩恵をしっかり実感できるでしょう。「常に最新のスマートフォンがいい!」という人でなければ、端末をそのままにSIMのみで乗り換えをするのがオススメです。

さらにLINEモバイルではお得なキャンペーンを実施中

ここまでLINEモバイルと3大キャリアの料金総額を比較してきました。ですが、LINEモバイルは、まだまだその安さの恩恵を受けることもできます。2019年現在、LINEモバイルに新規で申し込みをした場合、一定期間、大幅な割引料金で利用することができます。

詳細は公式サイトを確認いただければと思います。

LINEモバイル

まとめ

LINEモバイルは圧倒的な安さで人気の高い格安SIM。もし、今ケータイからの乗り換えを検討されているのであれば、キャンペーンの適用もあるのでさらにお得に利用することができます。一度検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました