LINEモバイル契約後さっそく通信速度を計測してみたら驚きの数値!

格安SIM紹介

今回は、LINEモバイルを契約した筆者が実際にモバイルデータ通信を計測した数値をご紹介していきます。あなたがもし格安SIMへの乗り換えを検討しているのであれば、今回の記事が少しでも役に立つのではないかと思います。

人気の格安SIM「LINEモバイル」

格安SIMの中でも現在勢いのあるLINEモバイル。LINEのデータ通信使用量が基本無制限といったサービスや、6ヶ月間月額300円~といったキャンペーンなど、お得感もあり人気です。利用者もかなり多くなってきていると思われます。

ただ、データ通信を行ううえで最も重要なのが「通信速度」。若い世代ではSNSをはじめYouTubeなどの動画サイトを利用するユーザーが多いです。動画再生などにはより多くのデータ通信量を必要とし、ストレスのない快適な視聴をするためには通信速度がある程度速くなくてはいけません。

LINEモバイル

契約内容・使用端末

LINEモバイルの契約内容および使用した端末は以下のようになります。

・契約SIM:音声通話SIM

・回線:ドコモ回線

LINEフリープラン:月額1,200

・データ通信容量:1GB

・使用端末:iPhone8Plus (SIMフリー)

通信速度の概要と速度の目安

通信速度には下りと上りがあり、それぞれの概要と快適な通信ができる速度の目安は次のとおり。

通信速度の概要

・下り(ダウンロード):メールやLINEのメッセージ受信、WEBサイトの閲覧、YouTubeなどの動画再生

・上り(アップロード):メールやLINEのメッセージ・画像の送信、クラウドサーバーへのデータアップロード

快適な通信速度の目安

・下り メールやLINEのテキストのみの受信→128kbpsでも利用可能

・下り メールやLINEの画像・動画の受信→1Mbps

・下り WEBサイトの閲覧→1Mbps

・下り YouTubeなどの動画再生→3Mbpsで快適。1Mbpsで我慢してなんとか視聴可能。

・下り アプリのダウンロード→3Mbpsはほしい。

・上り メールやLINEのテキストのみの送信→128kbpsでも利用可能

・上り メールやLINEの画像・動画データの送信→500kbps1Mbpsはほしい

・上り クラウドサーバーへのデータアップロード大きいサイズであれば3Mbpsはほしい。

朝、昼、夜の時間帯で計測

通信網が混雑しがちである朝、昼、夜の時間帯に分けてスピードテストを実施。それぞれの時間帯での計測値を画像におさめました。計測日時と場所は以下のとおり。

2018/9/21 7:28 通勤中歩行時

2018/9/23 12:30 喫茶店内

2018/9/21 18:22 駅構内歩行中

2018/9/21 朝 7:28 電車走行中

下り(ダウンロード)20.1Mbps

上り(アップロード)13.4Mbps

下り、上りともにかなりハイスピードを計測。朝の通勤ラッシュの電車内、しかも走行中でありがならかなりの高速な数値が出ました。

2018/9/23 昼 12:30 喫茶店内

下り(ダウンロード)6.88Mbps

上り(アップロード)14.0Mbps

最も利用者が増え、通信網が混雑する時間帯。どの通信キャリアでも軒並み通信速度が落ちる時間帯での計測でしたが、結果は満足のいく数値となりました。

2018/9/21 夜 18:22 駅構内

下り(ダウンロード)2.61Mbps

上り(アップロード)3.06Mbps

人が多く集まる駅構内、なおかつ帰宅ラッシュの平日18時の時間帯での計測。朝の時間帯よりは数値が下がりましたが、下り、上り共に3Mbps付近の数値を記録。アプリのダウンロードや大容量データのアップロードは少し時間がかかるかもしれません。ただ、筆者が試した動画再生については、途中でフリーズすることもなく快適な視聴ができました。

地下鉄の電車走行中でも問題なし

通信端末や回線エリアによっては地下鉄や電車走行中に圏外になってしまう場合も考えられました。ですが、以下の通り、地下の深い階層の場所でも圏外にならず、通信可能でした。朝の通勤ラッシュ時の電車走行中で下り7.44Mbps出ていますので、むしろ快適と言えるくらいの通信速度を計測したのが驚きです。

2018/9/21 朝 8:07 地下鉄 電車走行中

下り(ダウンロード)7.44Mbps

上り(アップロード)4.00Mbps

今回のスピードテストの結果は概ね良好

今回のスピードテストでは、概ね通信速度が極端に落ちることなく、高速で安定した通信速度を計測しました。実際のWEBや動画の閲覧・視聴においても体感的にはさほどストレスなく利用することができました。

格安SIMの通信速度については、その会社が通信キャリアからどれだけ太い通信網を利用できるか、また、どれだけのユーザーが利用するかによって変わってきます。

SNSの利用に関しては速度が落ちる可能性も高い

LINEモバイルでは「コミュニケーションフリープラン」と呼ばれるTwietterFacebookInstagramなどのSNSサービスの通信量無制限サービスも展開しているため、SNSの利用に関しては上記の測定結果より実際の速度が落ちることも想定されます。LINEモバイルのSNS利用時の通信速度の体感については、またの機会に記事にしていく予定ですが、こうした利用状況による速度は異なってくる可能性があることだけは事前に理解しておくとよいでしょう。

まとめ

通信速度の事情は様々ありますが、格安な料金プランもLINEモバイルの大きな魅力のひとつ。現在は6ヶ月間300円~という驚異的な料金プランでの提供をキャンペーンで行なっておりますので、上記の速度の状況を把握したうえで、あなたの格安SIMの乗り換え候補になるかぜひ検討してみてください。

公式サイトは以下のリンクからどうぞ↓↓

LINEモバイル

タイトルとURLをコピーしました