iPhone8の購入はAppleと大手キャリアどちらが得か?

ニュース・豆知識

いまiPhone8が売れているようです。2018年11月現在、Appleが発売を開始したiPhoneXs。新機種が出たことにより、軒並み過去の機種が値下げになりました。

また、新機種のiPhoneX系の機種ホームボタンが無くなったことにより、ホームボタンと指紋認証があるタイプの機種がiPhone8で最後では?との話も出ていることから、iPhone8の人気が国内で高まっています。

そんな人気のiPhone8ですが、新品で購入するには主に2通りあります。Apple Storeで購入する場合と、docomo、au、SoftBankの3大キャリアで、通信契約と一緒に購入する場合です。

Apple Storeと大手キャリア、共にiPhone8の端末価格は値下がりを見せましたが、実際、どちらで購入するのが値段としてお得なのでしょうか?今回は、気になる人が多い、iPhone8をめぐる料金について、料金を比較していきます。

端末代金だけで言えば大手キャリアだが、、、

大手通信会社では、高額になってきた端末代金に対し、 docomoでは端末購入サポートやauであれば、MNP au購入サポートなどの割引サービスにより、2年間の自動更新契約をする代わりに端末代金を月額利用料金から割り引くサービスを採用しています。

端末代金だけでいえば、大手通信会社で購入したほうが安いように見えますが、実際、ケータイを使うには通信費用がかかります。通信費もセットで考えた時、本当に安く、お得に新品のiPhone8を使えるようにするには、どうすればよいでしょうか。

答えは簡単。新品のiPhone8はApple Storeで購入し、通信費は格安SIMに乗り換えて利用するという方法です。では、実際に、格安SIM+端末と大手キャリア+端末のセットで利用する場合、どの通信会社で契約するのが、料金の面で最もお得になるのかを見ていきます。

事業者別にiPhone8の代金と通信料金の2年間総額を比較

事業者 料金プラン・内容 2年間の利用料支払い総額(税込) iPhone8 64GB

端末代金(税込)

端末・利用料合計(税込)
docomo カケホーダイライト

データ容量 ~5GB

181,440円 10,368円(一括払い)

(端末購入サポート)

191,808円
au auピタットプラン

スーパーカケホ

データ容量~5GB

154,032円

スマホ応援割(-1,000円/月 1年間)

21,420円(12回払い総額)

(iPhone MNP au購入サポートで-48,600円の値引き)

175,452円
SoftBank データ定額ミニモンスター ~5GB

通話準定額 1回5分かけ放題

193,872円

1年おトク割(-1,000円/月 1年間)

86,400円(24回払い総額) 280,272円
LINEモバイル コミュニケーションフリープラン

データ容量 5GB

10分電話かけ放題

初回事務手数料込み

84,024円 73,224円

(税抜67,800円)

157,248円
UQモバイル プランM

データ容量 3~9GB

おしゃべりプラン

(5分かけ放題)

初回事務手数料込み

89,112円 73,224円

(税抜67,800円)

162,336円
楽天モバイル スーパーホーダイ

プランM

データ容量 6GB

10分かけ放題

79,817円 73,224円

(税抜67,800円)

153,041円
mineo Dプラン(ドコモ回線)

データ容量 6GB

10分かけ放題

85,496円 73,224円

(税抜67,800円)

158,720円

※2018年11月現在での料金プランで比較。

※税込8%での表記。

※各社、家族割などの複数契約ではなく個人での契約を想定。

※2年間の利用料総額には、初回事務手数料などの含めた金額も含める。

※上記格安SIM 4社では iPhone8の取り扱いがないため、Apple Storeで購入すると仮定。

※マイネオの利用料では割引キャンペーンを適用しない額で算出。

結果を見てみると、、、格安SIM+iPhone8の組み合わせが軒並み大手キャリアに料金で軍配があがりました。特にSoftBankと格安SIMとを比べてみると2年間合計で12~13万円程度の支払総額に差があることが分かりました。

12万円となると、最新のiPhoneXs一台分買えるくらいの金額が2年間で節約できるということになりますね。

格安SIMならキャンペーンを狙ってさらにお得に

上記の料金総額の比較表ではキャンペーンを適用した価格表記にしていない通信事業者もあります。キャンペーンはその時期によってあるなしが変わってくるため、永年無料や、無期限でのキャンペーン以外は料金に反映させていません。

そのため、格安SIMでは上記の料金比較表の表示よりさらに安くなる事業者もあります。詳しくは各社の公式サイトで確認してみてください。

■LINEモバイル
LINEモバイル公式サイトへ

■UQモバイル
iPhone用格安SIMなら【UQモバイル】

■楽天モバイル
楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

■マイネオ
スマホそのまま安くなるmineo!月額基本料金1,310円(税抜)~

大手キャリアで iPhone8を購入するのがおススメな人

ただし、大手通信キャリアで契約することにもオススメな人がいます。それは以下の通り。

・家族がいて、みんなでひとつのキャリアにまとめて契約できる人

・ネット回線が広く、通信でパンクする恐れが少ない大手キャリアで使い続けたい人

・面倒なので乗り換えたりすることはしたくない人

格安SIMに乗り換えてiPhone8を別で購入したほうがいい人

今回の結論として、iPhone8はApple Storeで購入し、できれば格安SIMに乗り換えてしまったほうが料金の面では断然お得ということになりました。以下が格安SIMに乗り換えるのがオススメな人。

・一人暮らしである

・現在大手キャリア契約中で更新時期が間近な人

・自宅に光ネット回線は必要ない人

・自宅の光ネット回線は既に設置済みの人

これらに該当する人とっては、iPhone8に限らず他で購入し、格安SIMに乗り換えて月額利用料金を安くしたほうが圧倒的にお得であると言えます。ぜひこちらの記事を参考に検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました