iPhone7を格安スマホで最もお得に買えるのはどこの事業者?

格安SIM紹介

今回は、人気のiPhone7が購入できるようになった格安SIM3社の料金を比較していきます。

iPhone7をなるべく安く手に入れたい。
大手キャリアで購入するのは高いので避けたい。

そんな方はこちらの記事を参考にしてみてください。

それでは早速いきます。

【結論】iPhone7はBIG LOBEモバイルで購入が最安。

結論から言うと、iPhone7はBIG LOBEモバイルで購入するのが最安です。

契約上、端末だけ購入するというのができず、通信契約を伴わないと購入できないのが常ではあります。

次の一覧表を見てもらうとわかります。

※価格はすべて税抜。
※頭金500円を除いた金額で表示
※2年間総額料金には契約時の初期費用は含まずに計算。
※ワイモバイルはスマホプランSで計算。
※UQモバイルはぴったりプランSで計算。
※BIG LOBEモバイルは音声通話SIM3ギガプランで計算。

 

端末代金ではBIG LOBEモバイルではさほど安くはないです。

しかし、端末とセットで通信の契約もしなければならないので、月額料金の総額でみていくのが正解。

契約プランの内容はは3社ともほぼ同じで計算すると、10万円を切ってくるBIG LOBEが最も最安という事になります。

なので「安さ」を基準に見ていくとBIG LOBEモバイルを選択するのがおすすめになります。

そのうえで、続いて3社のプランなど特徴を見ていきたいと思います。

BIG LOBEモバイルの特徴

BIG LOBEモバイルの特徴は以下のとおり。

・端末代金・月額基本料の2年間総額で比べると3社で最も安い。
・2年間ずっと同じ値段の月額料金になるのが安心。
・回線はタイプA(au回線)のみしか選択できない。
・電話かけ放題は別途オプション加入が必要。
(10分かけ放題 月額830円)

圧倒的な料金の安さが魅力です。

注意はiPhone7だとau回線しか選べないところ。
自身の住む環境がau回線の電波が悪いなどあったらやめたほうがいいです。

UQモバイルの特徴

UQモバイルの特徴は以下のとおり。

・スマトク割やイチキュッパ割で割引額は大きい。
・元々の月額料金がほかより高く設定されている。
・2年間総額は3社比較で最も高い。
・基本料金プランのなかに電話のかけ放題もついてくる。
(10分かけ放題か60分の無料通話)
・通信速度の速さでは定評がある。

料金ではワイモバイルとほぼ変わりはありません。

通信速度の速さでは業界でも1.2を争うほど良いです。
10分のかけ放題も基本料に含まれるなどサービスの質は高いです。

ワイモバイルの特徴

ワイモバイルの特徴は以下のとおり。

・月額割引・ワンキュッパ割で割引額は大きい。
・元々の月額料金がほかより高く設定されている。
・2年間総額は3社比較で最も高い。
・電話かけ放題は別途オプション加入が必要。
・無制限の電話かけ放題プランがあるのはワイモバイルだけ。
・ソフトバンクからの乗り換えだと、若干料金が高くなる。
・通信速度の速さでは定評がある。

料金はUQモバイルとほぼ変わりありません。

格安SIMではめずらしい、無制限の電話かけ放題サービスがオプション加入で利用できるところが魅力。

※無制限かけ放題のプランについての詳細はこちらの記事もご参考ください。
無制限の電話かけ放題にできる格安SIM2社!大手キャリアに真っ向勝負!

注意点はソフトバンクからの乗り換えだと、割引の適用額が少なくなったりして、あまり安くならずメリットが少ないところ。

ソフトバンクの子会社であるため、ソフトバンクから乗り換えられてしまうよりは、新規契約やau・ドコモ、その他の格安SIMから乗り換えてくれる人に対しては最も割引を多くしてくれます。

まとめ

今回の内容をまとめると以下の通り。

・iPhone7が格安スマホで販売されているのは3事業者
・安さで選ぶならBIG LOBEモバイルが2年間の料金総額では最安。
・その他通信速度などのサービスの質で選ぶならUQモバイルかワイモバイル。

格安SIMでも登場したiPhone7を購入したいという人は今回の記事を参考にして検討してみてください。

BIG LOBEモバイルの公式サイトはこちら

UQモバイルの公式サイトはこちらから

Y!mbileの公式サイトはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました