【格安SIM紹介】エキサイトモバイルの料金やメリット・デメリットを徹底解説!

格安SIM紹介

今回の格安SIM紹介では「エキサイトモバイル」を取り上げていきます。初めて聞くという人も多いかもしれません。料金プランやサービスの特徴などを調査しましたので、どんな格安SIMなのか?こちらで確認してみてください。

エキサイトモバイルの概要とサービスの特徴

エキサイトモバイルは201671日よりスタートさせた格安SIMサービス。運営会社は、日本で検索エンジンやポータルサイト、ADSLFTTHなどのブロードバンド接続サービスなどを展開するエキサイト株式会社です(1997年設立の企業)。

以前から別のサービス名「bb.exciteモバイルLTE」という格安SIM事業を展開していて、エキサイトモバイルはその後継となるサービスです。まずはエキサイトモバイルのサービスの特徴について確認していきます。

従量制と定額制から選べるプラン

通常の月額〇〇GBまでのデータ通信で、〇〇円という定額制のプランとは別に使った分に応じた料金になる従量制プランを展開しているのがエキサイトモバイル。auでも最近始まった「ピタッとプラン」のような従量制プランはあまり他の格安SIMではない特徴的な料金設定になっています。

「個人でも家族でも」複数SIM契約のお得な料金設定

個人でSIM一枚を契約するのもよし、家族ならさらにお得にという格安な料金設定も特徴。3大キャリアよりも安い1回線分の料金に加え、SIM3枚から契約できる「3枚コース」では1枚単体での契約よりさらに安くなる料金設定になっています。家族やスマホ・タブレット・ポケットWi-Fiなどの複数台持ちの人向けの格安料金プランも魅力です。

続いて、エキサイトモバイルのサービスのメリットについて紹介していきます。

メリット1とにかく安い料金設定

なんといってもその安さが魅力のエキサイトモバイル。SIM1回線の最低料金プランはなんと月額500円から選択できるという価格設定。格安SIMのなかでもその安さは際立っていています。さらにSIM3枚コースでは、1,050円からの料金となっており、1枚の500円単体で契約するするよりお得に3枚分のSIMを利用できる価格。家族向けには持ってこいの料金設定になっています。

メリット2 余分なデータ通信・余分な料金をカットできる「従量制プラン」

データ通信においての悩みのひとつにデータ通信をよく使う月と使わない月とでばらつきがでてきてしまうこと。余ってしまったデータ通信を繰り越しても使い切れなかったり、または思った以上に使い切ってしまってばかりで、後々料金プランを変更しなければならくなり、余計な手間が掛かったりします。

そんな悩みを解決するのが従量制プラン。使った分に応じた料金がその月ごとに適用され請求されるというもの。データ通信の使用量にばらつきがある人にとっては最適なプランと言えます。他の格安SIMではあまり従量制プランを設けていないところが多いところから見ても、エキサイトモバイルならではといったサービスです。

続いてはエキサイトモバイルのサービスの特徴からデメリットについても確認していきます。

デメリット1 支払方法で口座振替が使えない。基本はクレジットのみ

支払方法が基本、クレジットカード払いしか選択できないというのが難点。口座振替は利用できないようです(2018930日現在)。デビットカードでも一部利用できないものがあるようです。

請求書が自宅に届いてコンビニ払いをするなどの選択もできないことになります。3大キャリアなら通常対応できるはずのものが利用できないことになりますので、契約の際には注意が必要です。

デメリット2 通話に関する割引サービスがない

最も痛いデメリットは通話関連の割引サービスがないこと。10分かけ放題や、通話料金が20/30秒から半額になる専用アプリの提供など、通話発信の際に割引となるようなサービスが、エキサイトモバイルにはありません。通話を頻繁に利用する機会がある人については、通話料金が高騰するせいでせっかくの格安SIMの旨味である料金の安さを体感できない可能性があります。

通話をよく使うひとには別の格安SIMにしたほうが無難な選択となるかもしれません。

料金プランを一覧で確認!

従量制である「最適料金プラン」に通常の「定額制プラン」について料金の一覧表を確認していきます。

最適料金プラン

高速データ通信量

(月あたり)

コース

1枚コース

3枚コース

低速通信のみ

500 円(税抜)

100MB

1,050 円(税抜)

500MB

630 円(税抜)

1,100 円(税抜)

1GB

660 円(税抜)

1,180 円(税抜)

2GB

770 円(税抜)

1,340 円(税抜)

3GB

880 円(税抜)

1,550 円(税抜)

4GB

1,150 円(税抜)

1,780 円(税抜)

5GB

1,450 円(税抜)

1,890 円(税抜)

6GB

1,600 円(税抜)

1,950 円(税抜)

7GB

1,900 円(税抜)

2,100 円(税抜)

8GB

2,120 円(税抜)

2,190 円(税抜)

9GB

2,200 円(税抜)

2,380 円(税抜)

10GB

2,380 円(税抜)

2,540 円(税抜)

11GB

2,830 円(税抜)

12GB

3,100 円(税抜)

13GB

3,450 円(税抜)

14GB

3,790 円(税抜)

15GB

3,980 円(税抜)

定額制プラン

高速データ通信量

(月あたり)

コース

1枚コース

3枚コース

0MB

650 円(税抜)

1,100 円(税抜)

1GB

670 円(税抜)

1,260 円(税抜)

2GB

770 円(税抜)

1,450 円(税抜)

3GB

900 円(税抜)

1,680 円(税抜)

4GB

1,170 円(税抜)

1,980 円(税抜)

9GB

2,250 円(税抜)

2,460 円(税抜)

20GB

3,980 円(税抜)

4,480 円(税抜)

30GB

5,980 円(税抜)

6,580 円(税抜)

40GB

7,980 円(税抜)

8,580 円(税抜)

50GB

10,180 円(税抜)

10,680 円(税抜)

上記プランは全てデータ通信専用SIMの場合の料金設定。音声通話SIMを契約する場合はこれに+700円(税抜)が加算されます。

通信速度に問題はない?回線の種類や対応周波数を確認

格安SIMで気になるのは、通信回線の安定性。まずはきちんと電波が入るのか?といったことから通信速度が遅くなってしまったりしないか?などの気になる点について確認していきましょう。

ドコモ回線を使用したドコモ系の格安SIM

エキサイトモバイルではドコモの回線を借り上げて提供されています。ドコモはエリアが広範囲にわたっており、その繋がりやすさでは通信事業者のなかでもトップクラス。ドコモ回線で提供をしている格安SIMであるエキサイトモバイルにおいてもドコモエリアの恩恵を受けることができます。

上り下りの通信速度は?

ドコモ回線を使用しているエキサイトモバイルでは、最大の通信速度もドコモエリアと理論上同じになると提示されています。下り最大988Mbps / 上り最大75Mbpsが理論上可能であるということです。

ですが上記の最大通信速度はあくまで理論値、実際には現在いるエリアの回線状況によって下がってきます。988Mbpsという数値は普段の生活ではほぼ出ることない数値です。

対応周波数(バンド)は?

対応する周波数帯も、基本的には本家ドコモと同じとなります。ドコモの対応周波数帯は次のようになります。

キャリア

docomo

LTE

2.1GHz/band 1

1.7GHz/band 3

1.5GHz/band 21

800MHz/band 19

700MHz/band 28

3G

(W-CDMA/UMTS)

2.1GHz/band 1

1.7GHz/band 9

800MHz/band 6,19

契約前に知っておきたい注意点

次に、エキサイトモバイルを契約する前に予め知っておくべき注意点について確認していきます。

今持っているスマホで利用できる?

格安SIMに乗り換える際に気になるのが「自分が今使っている端末がそのまま使えるのか?」ということ。エキサイトモバイルで使える

エキサイトモバイルで動作確認が取れている端末

何よりエキサイトモバイルがきちんと動作確認を取った端末であるのが一番です。動作確認済み端末については公式サイトを参考に確認してみてください。

https://bb.excite.co.jp/exmb/sim/devices/

SIMロック解除がされた端末(SIMフリー端末含む)

ドコモ以外、auやソフトバンクなどの他キャリアで購入した端末では、原則SIMロックが掛かっていて、SIMロック解除をしなければ利用できません。IMロック解除は契約者でないとできなかったり、解約してから90日を過ぎると解除できなかったりと、いくつかの制約があります。乗り換えを検討している際は、乗り換える前、解約までに済ませておくのがよいでしょう。

各社のSIMロック解除条件については以下の公式サイトを参照してください。

【ドコモ】
https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/201505/index.html

【KDDI】
https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/

【ソフトバンク】
https://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

ドコモの周波数帯域に対応した端末

SIMロック解除を行いどこの格安SIMでも利用できるようになったとてしても、油断はできません。格安SIMに乗り換えた後に、これまで問題なく使えていたエリアで圏外になってしまうなんてことも起こり得ます。それは端末自体がドコモの周波数帯域にマッチしない場合です。

ドコモが提供する周波数帯域に対して、利用している端末が対応できる周波数帯域がマッチしない場合、圏外になってしまうことがあります。

ドコモで購入した端末をそのままエキサイトモバイルで使うのなら問題ありませんが、SIMフリーの端末やau、ソフトバンクなどで購入した端末で、ドコモの周波数帯域に対応しているかを事前に確認しておきましょう。端末のメーカー公式サイトなどを参考に調べるのがよいでしょう。

2年縛りはある?解約手数料を確認

エキサイトモバイルには2年縛りではありませんが、音声通話SIMの場合のみ12ヶ月間の最低利用期間があります(データ通信専用SIMSMS機能つきデータ専用SIMには最低利用期間による解除手数料はありません)。12ヶ月以内に解約やMNP転出した際に、9500円(税抜)が発生しますので注意しましょう。

その他の手数料はある?

その他の手数料は以下の通りです。SIMに関する変更点には手数料がかかると認識しておきましょう。

SIM発行手数料:3,000

SIMカードサイズ変更:3,000/1

SIMカード再発行手数料:3,000/1

SIMカード追加(3枚コースの4枚目以降を契約後に追加するとき):3,000

MNP転出手数料:3,000

すべて税抜での価格。

契約までの手順と費用の総額を確認しよう!

エキサイトモバイルの契約は、以下の手順で、申し込みから利用開始ができる流れとなっています。

乗り換えの手順をおさらい

    1. 現在のキャリアからMNP予約番号を発行する
    1. エキサイトモバイルWEBページからSIMの申し込み
    1. 登録した住所に新しいSIMが届く
    1. 「自宅でスマホ切り替え」の手続きページにアクセス
  1. 数時間後にエキサイトモバイルに回線が切り替わる

乗り換えの注意点

回線切り替えが行われると、前のキャリアのSIMはすぐに使えなくなります。キャリアメールの送受信や、データのバックアップなど、必要な操作は事前に終わらせておくようにしましょう。

MNP予約番号の有効期限に注意が必要です。おおかた、予約番号は2週間程度ですが、回線切り替え前に予約番号の有効期限が来てしまうと、乗り換え自体もキャンセルされます。一度キャンセルされた予約番号はもう一度は使えません。さらに新規発行手数料3,000がさらに追加で発生してしまいます。予約番号を発行したら速やかにSIMの申し込みを済ませておきましょう。

実店舗はある?契約後のサポート体制を知っておこう!

エキサイトモバイルは、基本的には契約・サポートを専用サイトで行う体制となっており、実店舗はありません。サポート体制においては、チャットサポート、よくある質問集、電話サポートが主な問い合わせの窓口となっています。これまでの3大キャリアのように、店舗に直接で出向いて問い合わせや契約をするのがよい人にとっては、不便だと感じるところがあるかもしれません。あらかじめ理解した上で契約するのがよいでしょう。

以下、問い合わせなどのサポート体制の情報となります。

【電話サポート窓口】
0570-783-812(平日10:0018:00

【よくある質問:公式サイト】
https://bbhelp.excite.co.jp/hc/ja/categories/115000578327

【問い合わせフォーム:公式サイト】
https://bbhelp.excite.co.jp/hc/ja/requests/new

現在お得なキャンペーンを実施中

20189月の間、従量制プランにて初回契約から6ヶ月間の割引キャンペーンを行なっていた実績があります。今後も大胆な割引を行うことは十分に考えられますので、申し込みの際は公式サイトなどからキャンペーン情報を確認しておくとよいでしょう。

【公式サイト トップ】

エキサイトモバイルのまとめ

いかがでしたでしょうか?エキサイトモバイルはそれほど認知度が高い格安SIM事業者ではありませんが、その運営企業の実績や料金設定などにおいても十分乗り換え対象として検討できるサービスを展開しています。あなたのSIM乗り換え候補になれるか、こちらの記事が少しでもお役に立てなら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました